COMMENT

人の口から語られる過去が結構こわい。

その過去が現在に実体化しつつあると気づいた瞬間、さらにこわくなる。ところでいったい、この人たちは何者で、世界に対して何をしようとしているのだろう…

それがだんだんわかってくるにつれ、いよいよ当のこわさが訪れる。

​黒沢清(映画監督)

柳下毅一郎(評論家・特殊翻訳家)

ウィリアム・キャッスルとルイス・ブニュエルのミッシングリンクを埋める高橋洋が煽動する

オカルト暴力革命が、いま地獄の蓋を開ける!

Fuck The Post Truth !!

中原昌也(音楽家・小説家)

異界を召喚せんとする降霊実験によって、

高橋洋がおこなうのは

恐怖の世界を呼び起こす恐怖実験である。

高橋洋こそ映画の恐怖革命を先導する

映画ボリシェヴィキなのである!

切通理作(評論家・映画監督『青春夜話』)

宗教が死んだばかりか、思想信条が人々を結びつけ

ることの限界さえ露呈した現代、見ず知らずの人間

どうしが連帯するには、どうしたらいいのか?

それは、死を意識することだ。

今この時を、かけがえのないことであるかのよう

捉え直せる奇跡を待つのが、多くの映画の目的なら、『霊的ボリシェヴィキ』では、時空を超えた真実が

突然出現し 、我々を掴んでしまう「恐怖」にこそ

値が置かれている。スクリーンの向こう側とこち

ら側の境を超えて、儀式に直接参加させられている

かのようだ。その時が来たら、われわれはすべてを

明け渡す以外に、なんの術も持たない。

韓英恵(女優・由紀子役)

撮影の間も撮影が終わってからも奇妙な夢に汗をかくほど、トラウマになってしまった作品です。

ストーリーがわかっていても、ホラー映画が苦手な私にとって、唯一観るのにとても勇気のいる作品となってしまいました。

 

霊よりも怖いものは、なにか。

全てのストーリーが頭の中で組み立てられたとき、

後味残る恐怖が映画のあとまで続きます。

ぜひ、劇場で体感してください。

高橋洋監督は、登場人物たちの過去を曝け出し、

裸にする。

裸にされた人間たち。

守るものがなくなり、失うものがなくなり、怖いものがなくなった人間たちのコンダクター、高橋洋。

もうヤバいっすよー!

巴山祐樹(俳優・安藤役)

高橋洋監督のつけるアクションはかっこいい。

監督は実際に演ってみせてくれる。上手いうえ特有の調子があって、わたしは毎回完コピできない。

高橋さんはアクション俳優になればいいのにと思う。

長宗我部陽子(女優・宮路役)

高橋監督は現場で

どうでしょう?どうなのでしょうね?

と、投げかけてくる。答えを言わない。

私たちもいつの間にか“意味”を求めずよく判らないままにやっている面白さに身を委ねてく。

そんな気がする。

 

あの少年のような眼は、ズルイ。

高木公佑(俳優・浅野役)

近藤笑菜(女優・片岡役)

主催する側にはそのイベントを成功に導く計画性が

必要だ。浅野という人物はどこまで計画していたの

だろうと、今にして思う。

一つだけ言えるのは、

この映画の主催者、高橋洋監督は成功したのだ。

ホラー映画以上の、“反社会的な映画”を作ることに。

自分にはそう思える。

南谷朝子(女優・長尾役)

決して覗いてはならない・モノ

決して口に出してはならない・コト

撮影現場には何かにとり憑かれていた。

その「何か」が映ってしまっている……

『霊的ボリシェヴィキ』。

高橋監督のせいです。

伊藤洋三郎(俳優・三田役)

映画『霊的ボリシェヴィキ』はホラーでありながら人間を描いている。その登場人物達の気配は監督の気合に引っ張られ、霊的な世界に向かっていった。

あのラストに見たものは何だったのか……

げに、恐ろしきかな、高橋洋。

河野知美(女優)

私は監督の作品を純愛映画だと捉えている。

純愛こそ恐怖そのものであり、姿を変え、暴れだした時、そんなものを描き出した人間、高橋洋が何よりも恐ろしく、我々は彼の解剖に付き合わされているに過ぎない……と踏み入れた後に気付くのだ。

難しい映画と思ってたら違うぞバカタレ!

声の映画からはじまって、

凄いスピードで恐さから怖さに繋ぐ

凄まじいエンターテイメントです!

​この映画を観た人たちが皆、かつて自分の身に

起きた事を考え始めるのはなんでだろう?こわい!

小林勇貴(映画監督『全員死刑』)

超絶かっこいいOPから

絶対のタイミングで刻印される「終」まで、

あなたは何度も驚かされるだろう。

そして

「映画とはここまでの境地にいけるのか」と

圧倒されるはずだ。

僕はこの虚脱感を味わいたくて、

高橋洋監督の作品を追い続けてる。

松江哲明(ドキュメンタリー監督)

『霊的ボリシェヴィキ』は、もはや引き返すことができなくなった者たちの物語である。

日本という無戒社会において

供犠を実践することの、何という困難。

ファスビンダーと若松孝二への敬意が、

それを可能にした。

四方田犬彦(比較文学研究)

あの世を呼び出す不思議な実験!

それを見守るレーニンとスターリン!

高らかに響くボリシェヴィキ党歌!!

見たことのない景色に圧倒されているうちに、

鬼気迫るドラマに飲み込まれていきました。

​「語り」が生み出す恐怖にドキドキします!

上坂すみれ(声優・歌手)

まるで霊的プロパガンダ!

研究者や革命家、思想家の記録映画のような

高橋洋イズム爆発!

彼しか描けない、描こうとしない

稀有でマジな呪われた映画…

世界はついてこれるか?

清水崇(映画監督『呪怨』『こどもつかい』

マッドサイエンティスト高橋洋監督が

得体の知れない“恐ろしい何か”に

触れるために創造した、危険な真の実験。

この映画を観るとき、あなたはモルモットになる。

白石晃士(映画監督『貞子vs伽椰子』『不能犯』

    『ブルーハーツが聴こえる/少年の詩』

    『9次元からきた男』など 

ホラー映画を観ていて、

ひさしぶりに「あ、怖い」と思った。の実験。

丁寧に、適切な量の不安感が積まれ続けていく感覚。

じわじわと頭の中に広がっていく、いやな想像。

画面上のがらんとした空間が妙に気になってきてしまう。

何かが出てくること自体ではなく、

助走こそが怖いんだと実感した。

僕はこういうホラー映画がもっと観たい……!

小出祐介( Base Ball Bear